昔の友達に会いたい...と思ったら?友人を探し出す方法まとめ

2023.04.24

2023.04.27

男女トラブル

人探し

離れてしまった方

昔の友達に会いたい...と思ったら?連絡先がわからないときの対処法まとめ

昔の友人を探す方法

「何十年も会っていない昔の友達に会いたい...」「引っ越してしまった友達ともう一度連絡を取りたい」など、年齢を重ねれば重ねるほど、昔のことが懐かしくなり、当時の友達と会いたいという気持ちが芽生えるものです。

 

この記事では、昔の友人に会いたいけれど連絡先がわからないという方に向けて、友人を探し出す方法について解説します。

昔の友人を探す方法

実家に連絡する

実家の電話番号がわかる場合、まずは実家に連絡してみましょう。家族と繋がることができれば、人探しはほぼ成功したようなものです。

しかし、友人の両親が既に他界していたり、実家ごと引っ越していたり、家族ですら本人の消息がわからないような場合もあります。

共通の友人・知人に連絡を取る

もし共通の友人や知人がいる場合、連絡をとってみましょう。連絡先を教えてくれたり、少しでも友人の居場所の手がかりになるような情報を知っている人がいるかもしれません。

インターネット・SNSで検索してみる

友人の本名をインターネットで検索してみると、勤務先のHPや本人のSNSのアカウントなどを発見できる可能性があります。

 

また、FacebookやTwitter、InstagramなどのSNSで友人の名前を検索してみる方法もあります。特にFacebookでは本名を使って登録するので、検索をかけてみたら簡単に見つかる可能性が高いです。もし本人のアカウントが見つからなくても、共通の知り合いのフォロワーや友だち一覧を探っていけば発見できるかもしれません。

専門家に調査を依頼する

これらの方法でも見つからない場合、調査の専門家に依頼することをお勧めします。友人の本名や当時通っていた学校の名前、年齢など、最小限の情報だけで相手の所在を突き止められることがあります。また、生年月日や当時の住所、外見の特徴、所属していた部活、趣味や習い事など、友人について知っている情報は全て開示することで、更なる調査の手がかりになります。

 

なお、オンラインゲームやSNSで知り合い、本名などの個人情報を知らない場合でも所在を調べることは可能です。知っている情報が少ない分、自力で探すのは難しい場合が多いでしょう。専門家に依頼することで、ゲームやSNS内でのハンドルネーム・ID、当時知り合ったゲームやSNSの名前など、限られた情報からでも相手の所在を掴むことができる場合があります。

 

迷っている段階でも構いませんので、まずは一度人探しの専門家である「なんでもトラブル解決屋」にご相談ください。現段階で依頼した場合、友人が見つかる可能性はどのくらいあるのか、どのように調査を進めていくのかなど、具体的な内容をご説明させていただきます。

昔の友人を探す際に注意すべきこと

友人と別れてから数十年以上経過している場合や、ご依頼者様が年齢を重ねている場合、友人も高齢になっていることでしょう。その場合、一刻も早く探し始めることが大事です。

 

実際に弊社に調査のご依頼をいただき、無事にご友人が見つかった場合でも、老人ホームに入居していたり、認知症になって当時のことを覚えていなかったり、残念ながらお亡くなりになっており、会えなかったというケースもあります。

 

「元気な姿でもう一度話をしたい」「謝罪や感謝の気持ちを伝えたい」といった強い思いがあるのならば、すぐに行動に移しましょう。

 

万が一お亡くなりになっていることがわかった場合には、お墓を調べることも可能です。しかし、「できることなら友人が元気なうちに会いたかった...」「もっと早くに調べておけばよかった」といった声が聞かれるのも事実です。

 

最後に

 

連絡先がわからない友人と再会するための方法は、自力で探すか専門家に調査してもらうかの二択になります。自力で調べたけれど見つからない場合、専門家に調査を依頼するのも一つの手です。

 

どうしても昔の友人に会いたいと考えている方は、お気軽に弊社の無料相談窓口へご連絡ください。

※「なんでもトラブル解決屋」は公安委員会の認可を取得しております。

個人情報の保護、守秘義務も徹底しておりますのでご安心してご相談ください。